Author Archive

東京税政連「第230号」

2022-12-28

tokyozeiseiren-No.230のサムネイル

税理士後援会の動き(税制改正陳情を除く)

2022-12-27

〔令和4年〕

・ 2月2日 白眞勲後援会:総会(於:書面決議)

・ 2月14日 すがわら一秀後援会:総会(於:練馬産業会館)

・ 3月25日 山田美樹後援会:定時総会(於:WEB会議)

・ 4月20日 平将明後援会(大森):定期総会(於:LUZ大森 青蓮)

・ 5月10日 平将明後援会:定期総会(於:大田区消費者生活センター大集会室)

・ 6月6日 小池ゆりこ後援会:定時総会(於:リビエラ東京)

・ 6月13日 辻清人後援会:定時総会(於:衆議院第一議員会館)

・ 7月21日 石原ひろたか後援会:定期総会(於:スタンダード会議室 五反田ソニー通り店)

・ 7月21日 石原伸晃後援会:懇談会兼慰労会(於:中野サンプラザ11F アネモ)

・ 7月25日 萩生田光一後援会:定期総会(於:経済産業省本館)

・ 10月31日 松原仁後援会:定期総会(於:荏原第一区民集会所 第2集会室)

・ 11月17日 石原伸晃後援会:懇談会(於:中野サンプラザ14F クレセント)

・ 12月15日 越智隆雄後援会:インボイス勉強会(於:三茶しゃれなあどホール)

・ 12月22日 辻清人後援会:国政報告会(於:Caspita!)

税制改正要望フォーラム2022を開催

2022-11-28

11月28日、本連盟は東京税理士会と共催で「税制改正要望フォーラム2022」を衆議院第一議員会館にて開催しました。

今回で7回目を迎えるこのフォーラムの目的は、「令和5年度税制改正の動向について」をテーマに、令和5年度の税制改正に関する要望の説明と国会議員を交えてのパネルディスカッションを行い、意見交換を通じて要望の実現を図るものです。

第一部では、森下清隆政策委員長から、日税政の「令和5年度税制改正に関する建議・概要」を基に、適格請求書等保存方式の導入時期を延長するか、中小企業の実務を踏まえた柔軟な運用を行うことなど、要望事項に関する説明がありました。

続く第2部では、「令和5年度税制改正の動向について」をテーマにパネルディスカッションが行われました。参加パネリストは、次のとおりです。

 

〔パネリスト〕

衆議院議員  平 将明氏(自民党)

岡本三成氏(公明党)

土田 慎氏(自民党)

東京税理士会 矢ノ目忠調査研究部長

東京税政連  菅原祥元副会長

〔コーディネーター〕

東京税政連  森下清隆政策委員長

 

パネルディスカッションでは、主にインボイス制度の導入について討議されました。

最後に坂田幹事長から、本連盟の活動報告があり、予定していた内容を全て終了しました。

東京税政連「第229号」

2022-11-01
tokyozeiseiren-No.229のサムネイル

東京税政連229号(1~8面)

関係省庁との勉強会を開催

2022-10-28

10月27日、本連盟は、東京税理士会と共催で、「令和5年度税制改正の動向に
関する勉強会~財務省・国税庁・金融庁・総務省・経済産業省・中小企業庁の
担当者と語る~」を衆議院第一議員会館にて開催しました。

この勉強会は、片山さつき議員の協力のもと、改正税制及び中小企業税制に関し、
関係省庁の担当官(課長クラス)を招いて勉強会を行い、税制改正の動向に関す
る理解を深め、要望実現に向けた活動の充実を図ることを目途としており、今回
で7回目の開催となります。

冒頭、片山議員は各税政連からインボイス制度の導入について、延期又は実務を
踏まえた柔軟な運用を行うことの要望を聞いているので、しっかり議論を重ねて
いきたいとのあいさつがあり、続いて、本連盟の税制改正要望に対し、参加した
各省庁の担当課長や同補佐から詳細な説明と会場からの質疑に対する回答があり
ました。

参加した関係省庁は、次のとおりです。

財務省(主計局、主税局)、国税庁(長官官房、課税部)、金融庁(総合政策局)、
総務省(自治税務局)、経済産業省(経済産業政策局)、中小企業庁(事業環境部)

国会議員へ一斉陳情を実施

2022-10-20

本連盟では、10月13日の日税政の一斉陳情に参加すると共に同月18日と19日に一斉陳情を実施しました。
今回は、インボイス制度の導入延期又は実務を踏まえた柔軟な運用、災害損失控除の創設など令和5年度税制改正に関する要望を衆参両議員52名(ポスティング含む)に強く要望しました。

萩生田光一議員

平将明議員

海江田万里議員

第56回定期大会を開催

2022-09-22

本連盟は、9月20日、第56回定期大会を京王プラザホテルにおいて開催しました。

今回も昨年同様、新型コロナウイルス感染拡大防止のため大会前に開催する研修会は中止としましたが、3年ぶりに懇親会は開催されました。今大会では、例年審議される本年度の収支予算、運動方針、組織活動方針など全6議案が承認可決されました。

この中で令和4年度運動方針では、令和5年度税制改正に向けての課題として「インボイス方式導入について、延期又は実務を踏まえた柔軟な運用を行うこと」「基礎控除へのシフトと基礎的な人的控除の引上げ」などを盛り込み、強く運動を行うこととしています。

名倉会長は挨拶で「改正税理士法が本年3月の参議院本会議で可決・成立し、実に8年ぶりの大幅改正となったが、デジタル化社会への即応や税理士試験受験者数の減少への対応など、大きな意味を持つ改正であると感じていること、喫緊の課題である組織率の向上に向け、さらに対策を講じていきたい」と述べました。

なお、大会及び懇親会参加者には、検温、マスク着用を依頼するなどして感染防止に対応しました。

 

東京税政連「第228号」

2022-09-05
tokyozeiseiren228gouのサムネイル

東京税政連228号(1~8面)

国会議員へ早期陳情を実施

2022-05-20

本連盟は、令和4年5月16日、17日、20日に早期陳情を実施しました。

これは「要望事項を税制改正の審議に組み込ませるためには、8月上旬に取りまとめられる各省庁からの要望に組み込ませる必要がある」との助言を国会議員から受け、実施したものです。

要望内容は「インボイス制度の廃止」「災害損失控除の創設」「確定申告期限の延長」の3項目です。(写真は訪問順)

 

木原誠二議員

落合貴之議員

 

 

 

 

 

 

 

松島みどり議員

辻清人議員

 

 

 

 

 

 

 

岡本三成議員

末松義規議員

 

 

 

 

 

 

 

小倉將信議員

塩村あやか議員

 

東京税政連「第227号」

2022-05-01
tokyozeiseiren-No.227のサムネイル

東京税政連227号(1~8面))


Copyright© 東京税理士政治連盟 All Rights Reserved.