新たな時代「令和」に向けて

日頃より東京税理士政治連盟にご協力頂きましてありがとうございます。税理士制度は、旧来の賦課課税から申告納税に変わった大きな変化の中で、税理士に申告納税制度を担う大きな役割を与えました。
税理士法第1条、税理士の使命は「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」とあります。
税理士政治連盟は、この税理士の使命を果たすために存在しております。
昭和50年代には、税理士法の大改正が行われ、また、税制も時代に合うように改正されましたが、このような改正に向け、税理士政治連盟は強力な運動を展開してきました。
税理士法の改正は当然ながら、税制改正についても、税理士政治連盟は国会議員等に陳情し、納税者のためのより良い租税制度確立に向けて運動して参りました。
これらの運動は、昭和26年の税理士法制定以来毎年続いてきたことであり、税理士制度と租税制度が改善されてきたことはその証であります。平成の時代にも大きな税理士法改正があり、また税制も逐次改正されてきました。税理士政治連盟は常に税理士と納税者のために運動をしてきました。
「平成」から「令和」へとなりましたが、現在の税理士制度と租税制度が時代に合っているのか、百年に一度の変革の時代と言われている今、税理士政治連盟には大きな期待が寄せられています。その期待に応えられるよう、税理士会、税理士政治連盟一丸となって活動して参ります。
なお、単位税政連の規約も時代に合わせていく必要があります。税理士政治連盟を全ての税理士会員がバックアップする体制にしなければなりません。ご協力宜しくお願い致します。

 

 

 

Copyright© 東京税理士政治連盟 All Rights Reserved.